人生の目的

「人」という字は人と人が支え合ってできているというエピソードは、多くの人が耳にしたことがあると思います。もしかしたら、人という字は、お互いに支え合いなさいという教えの下に生まれたのかもしれません。または、愛し合い、助け合いなさいという意味も込められているのかもしれませんね。


もし、人生が何の目的もない空っぽのものであったとしたら、そこに夢や希望を見出すことは困難だと思います。しかし、人生には何かしらの意味や目的というものが存在しているはずです。でなければ、懸命に人生を生きていこうと思う人は誰一人としていなくなるでしょうから。


では、たとえば、人生の意味が裕福になって成功することだとします。なぜ裕福になりたいのかを突き詰めると、幸せになりたいというのが最大の理由になると思います。しかし、裕福になれば必ず幸せになれるのでしょうか。自分だけが裕福で、自分だけが成功を収めたとしても、本当の意味での幸せを感じることは難しいのではないかと思います。


あなたがこれまでに出会ってきた人を思い浮かべてみましょう。裕福な人ほど幸せに生きているように見えたでしょうか。むしろ、必ずしもそうではないことに気づけたはずです。裕福であれば、経済的な不安はほとんどないでしょうし、普通の人よりも自由な生き方ができるかもしれません。しかし、どんな人の人生においての悩みや問題はつきものです。


つまり、裕福であることと幸せであることは同じではないということです。スピリチュアルコーチングによって、自分にとっての本当の幸せ見つけていくことが大切です。