使命の見つけ方

本当にどんな人にも人生の使命があるのか、疑問に思う人もいるでしょう。確かに、自分の使命がわかったうえで人生を過ごしている人はあまりいませんので、そう思うのもうなずけます。


ただ、何が自分の使命なのかわからなくても「世界が平和になりますように」「人や社会の役に立ちたい」という漠然とした思いはあるのではないでしょうか。


実は、初めはこの漠然とした思いでも問題ないのです。大切なのは、最初に大きな理想を描くことです。大きな理想を描けたら、それを実現できる仕事にはどのようなものがあるか、考えてみましょう。


たとえば、スピリチュアルコーチングの場合。スタートは、コーチとして個人セッションを行うことです。次の段階ではセミナーを開き、さらにはスクールの運営を始めます。コーチを続けていくうちに、お客さんが求めているものは自分の使命に通じる部分があることに気づけるでしょう。一段一段、階段を上っていくようなイメージです。


階段を上るごとに新たな仕事の道が開けてくるでしょう。理想を描くこと、それを目標にすることを忘れないように心がけてください。そうすれば、それを叶える仕事を得ることができるはずです。最初から使命を見つけられるわけではありません。相手の要望に応えていくことで、自然と形になってくるものです。


すでに記したとおり、目標や願いは漠然としたもので構いません。それを達成するために、具体的な行動を起こしていけばよいと思います。