2つのセラピー

・ハーブ&アロマセラピー

このセラピーは、アロママッサージとは異なり、ハーブや花の精油を活用してクライアントの心身の健康をサポートするセラピーです。このセラピーは美と健康のために非常に役に立つセラピーということができると思います。
古代から中国やヨーロッパで伝えられたハーブ療法や精油療法をべースに、 ハーブや精油を調合して、クライアントに合った精油をつくりだします。そして、クライアントに使い方を教え、21日問、日常的に使っていただきます。 このセラピーを行なうセラピス卜は、香りを利用した身体のまわりを清めるス プレー、花粉症を治すスプレー、虫よけのスプレー、ストレスや身体の不調を回復するためのスプレーなどをつくります。精油やスプレー以外にも、ハーブやアロマで、ハンドクリーム、シャンプーやリンス、石鹸、化粧水、 フェイスクリーム、 などをつくることもあります。

・フラワーエッセンスセラピー

ハーブ&アロマセラピーは、花の香りやその効能を利用したセラピーですが、フラワーエッセンスセラピーは、花の「香り」ではなく、それぞれの花が持つ「エネルギー」を転写し、そのエネルギーの効能を使ってセラピーを行ないます。 フラワーエッセンスのつくり方は、以下のとおりです。

クリスタルのボウルに水を入れ、花をその上に浮かべ、太陽の照らされた場所に数時間置き、その花のエネルギーを水に転写します。そして、ブランデーや塩を防腐剤として混ぜ、 それを希釈して、遮光ガラス瓶に入れて、 できあがりです。

このセラピーは、クライアントのかかえている問題の状況を聞き、その人に合ったフラワーエッセンスを調合するというものです。クライアントは、そのフラワーエッセンスを食事前に舌下に数滴たらすという方法で服用しながら、心身の状態の変化を観察します。 このセラピーも、21日間のサイクルで行なうセラピーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です