必要な倫理観

スピリチュアルコーチングをする上で、必要な倫理観というものがあります。これを持っていないと、信頼や評判が落ちて、クライアントは離れて行きます。スキルをいくら磨いても無駄です。スピリチュアルコーチングを仕事にして活躍したいのであれば、この倫理観を学んで、実践していかなくてはなりません。

一つ目の倫理観は、クライアントの守秘義務は守らなければならないということです。

クライアントの個人情報やプライベートな事実はもちろんですが、こちら側が伝えた情報も、口外してはいけません。

クライアントがこちら側を信用することで、クライアントは人生の課題に、安心して取り組むことができます。クライアントの人生を、希望通りにするためのサポートに、必要な倫理観です。

二つ目は、クライアントとの境界線は守らなければならないということです。

これは、クライアントとこちら側の関係に、一定の距離感を保つということです。あなたとクライアントは、専門家と素人の関係です。医師と患者のようなものです。あなたの言動は、クライアントに大きく影響を与えます。

クライアントから、食事やお茶に誘われても、お断りをするべきです。あなたとクライアントは、お友達ではありません。専門家の立場から、クライアントとの人間関係を築いて行きましょう。

ただ、スピリチュアルコーチングが終了した場合、その後のクライアントとの関係は、あなた次第です。友人関係、恋人関係になったとしても、専門家の立場ではないのであれば、問題はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です