投影に気をつけましょう

スピリチュアルコーチングをしていて、クライアントとの関係で、気をつけなくてはならないのが、投影です。

投影というのは、目の前にいるクライアントを、その本人として見ることができずに、自分の過去に起きた事実が、クライアントとの間に起きていると錯覚をすることを指します。人間関係において、よく起きてしまう出来事の一つです。

もし、幸せなことを体験していたら、クライアントとのやり取りも、幸せだと思って、クライアントに好感を持ちます。

逆に、クライアントとのやり取りから、過去の悲しい出来事を思い出してしまうと、クライアントに対して、嫌な感情を抱いてしまいます。

このようなネガティブな投影が起きると、クライアントとの関係が悪くなることがあるので、気をつけましょう。

こちら側は、専門家ですから、投影のことは常に意識をしながら、クライアントに接していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です