心の萎縮からの解放

 自分の精神が安定していない時は、是非次のようなカウンセリングを試してみましょう。これらは他人に依存することなく、自分自身で簡単に実践することが出来ます。好機としては、就寝前が挙げられます。へその下にはツボがあるのですが、このツボに手を当ててみるのは効果的です。お腹のパワーに異変があると、他人との関係に起因して、精神が不安定になります。手を当てるだけでそのパワーが回復しますから、騙されたと思って試してみてください。手を当てる時に心掛けるのは、念を込めることです。と言っても、難しいことはありません。ただ霊に祈るだけでよいのです。他人との関係性に拘泥する自分から解放されるように、お願いしてみましょう。

 自分らしさを実践するためには、何が自分らしいのか、自分は何を好むのかについて、改めて探究することが大切です。そのためにはセルフカウンセリングという手法が有効とされています。このセルフカウンセリングで少しずつ自分を取り戻すことが出来れば、精神的な安寧はそれほど無理をせずに呼び込むことが出来ます。心が安定してくれば、自然と笑顔を振りまくことが出来ますから、良い循環が生まれることでしょう。

 精神面の不安定にも種類がありますが、その一つに「寂しい気分」があります。孤独というものは誰にも訪れますから、寂しさを全く感じたことのない人はいないはずです。あなたの周りの元気な人でさえ、どこかで孤独を感じているのです。簡単な例を挙げると、電話をしても繋がらない時、休日にすることが無い時があります。空しい気になるのは誰でも同様です。そしてそこから抜け出したいと思うのも同じです。しかしそうした気分を無理に抑圧する必要はありません。寂しさは人間が味わる気分としては、当然と言えるものだからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です