寂しい時の対処法

 人は誰しも孤独ですから、時には寂しいと感じることがあります。そうした時でさえ、狼狽える必要はありません。そもそも寂しいという感情は普遍的なものですから、無理に抑圧することもありません。むしろ寂しさを味わうことで、他人の寂しさに敏感になることが出来ます。他人の寂しさを知ることが出来れば、その人に対して優しく接することが難しくなくなるはずです。しかし誤解しないで下さい。寂しそうに見える人も、今寂しさに苦しめられているあなたも、本当は誰かに見守られているのです。ガーディアン・スピリットは常に人の傍にいて見守ってくれています。ですからその存在を信じることで、必要以上の孤独を感じなくて済むようになります。人は誰もがこのガーディアン・スピリットの加護を受けており、スピリチュアルの成長を助けてもらっています。ですから孤独に押しつぶされるのは馬鹿げています。真の孤独というものは存在しないということに気付きましょう。  そうは言っても寂しさを常に抱えてしまう人はいるのですが、その要因はどこにあるのでしょうか。説得力のある答えは物質文明でしょう。つまり物が溢れていて恵まれている現代社会では、寂しさを感じやすくなっているのです。想像して下さい。戦争やテロの恐怖で頭が一杯になっている人、食事さえ碌に取れておらず、飢餓に直面している人、ホームレスの人が寂しさを感じるでしょうか。いえ、そのような余裕はないはずです。つまり彼らは先ず生命を維持することを考えますから、孤独だの寂しいだのと言ってはおられないわけです。語弊があるかもしれませんが、寂しい時というのは、ある意味贅沢なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です