3の波を考える

経つと、3の波が訪れます。何らかの萌芽が感じられる時期なので、新しい挑戦が盛んになります。しかし成功するとは限らず、一進一退の様相を呈することも珍しくありません。例えば新規事業を展開しようと喜び勇んでしまうと、失敗してしまいます。勘に頼って「今がチャンスだ」と走り出すわけですが、ビジネスの世界はそう甘くありません。しかし失敗したからといって、過度に塞ぎ込む必要はありません。そういう波が訪れているわけですから、自然なことだと受け止めるのが大切です。

初期の頃とは確実に流れが変わる時期であることは間違いありませんから、色々手を出したくなりますが、慎重に判断するようにしましょう。スピリチュアルでは「3」は「子ども」を意味する数字でもあります。冒険心が生じて挑戦したくなるのは分かりますが、向こう見ずな振る舞いはかなりの確率で失敗します。また3にはそれ以外にも重要な意味が含まれます。3は区切るのに便利な数字ですから、仕事上使用頻度の高い数字の一つです。3か月、3年といった具合に区切ります。しかし不吉な数字でもあり、3年経って倒産する会社も少なくありません。3割の新入社員が退職するという報道も見受けられるほどです。3という数字にはやはり注意する必要があります。
 もう少し専門的な見地から3という数字を捉えると、1が父、2が母、3が子どもを意味するわけですから、3はグループ、組織と縁の深い数字と言えます。ビジネスとは切っても切り離せないこの数字をどのように捉えればよいのかは、スピリチュアルを学んで習得して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です