顔のバランスと傾向

人間の顔は、心が大きく影響される部分とされています。スピリチュアルコーチングにおいては顔のバランスが非常に重要とされているそうです。顔は三つの部分に分けることができ、それぞれがバランス良く配置されていることが、調和に満たされている状態と言えます。頭頂から目の下の辺りまでを、顔の上方部分とします。この部分は思考に関わる部分とされています。顔の中央部分は、下まつげから、口の辺りが該当します。外部との結びつきを表しています。感覚や感情に深く関わっている部分です。顔の下方部分は、口からあご、首までが含まれます。本能や行動に関わるとされています。顔の上方部分が、他の二つよりも目立っている場合、思想家の傾向があるそうです。現実のことを考えるよりは、計画を立てることや想像をすることを得意とします。顔の中ほどの部分が目立っている人は、他人との直接的な触れ合いを求める傾向にあります。他人の影響を受けやすいタイプとも言われており、何かを決定するときには周りの影響を大きく受けるでしょう。自らの感覚を主体とした生き方をしていることが多いそうです。顔の下方部分が目立っている人は、具体的なものを好む傾向にあります。何かを想像するよりは、自ら動く方が好ましいと思っており、行動力があるタイプと言えるでしょう。人の持つ特徴から傾向を考えていくことを、形態学と呼びます。大切なのは顔だけではなく、体全体を視野に入れながら特徴を探っていくことです。一部分だけを見ても、理解することは不可能です。また、人の特徴を知って優越感を持つことや、相手を支配することに使用してはいけません。相手や自分の傾向を知ることで、奉仕の精神を持つことを心掛けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です